読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

空を飛べたらなーって思ったことありますか?

突然ですけど、空を飛べたらなーって思ったことありますか?

僕はあります。

今でも「飛べたらなー、飛びたいなー」と思ってます。

※(و•o•)و<ただの雑記ですよー

僕は昔からモノづくりが好きで、小学生の頃はガンプラとかラジコン作りにハマってました。

中でも一番没頭したのがミニ四駆

あんな小さな車体なのに、実に奥が深い。

ミニ四駆は自分で改造するのが基本で、いろんな部分のパーツのチョイスが積み重なって速くなっていきます。

どれかひとつを変えるだけで劇的に速くなるわけではなくて、ホイールだったりベアリングだったりギア比だったり。それらの組み合わせで速くもなるし遅くもなります。

しかも、ただ速くすればいいわけではありません。

コースをコースアウトすればレース失格。

コースアウトしないギリギリのところを攻めるのが難しくて、より熱中させる要因になりました。

僕は、地元デパートの大会で圧勝するほどの実力があり、地元ではまあまあ有名な存在でした。

小学6年生のときに全国大会の切符を手に入れて臨んだ全国大会。

僕の実力ならトップ10には入る。いや、コースアウトさえしなければ優勝もイケる!

そんな自信たっぷりで臨んだ全国大会でしたが、結果は予選ビリッケツでの敗退。コテンパンに打ちのめされました。

帰りの電車で泣くのを我慢して、でも母親に慰められて結局泣きながら帰ったのがいい思い出です。

「上には上がいる」ということを身をもって体験したのもこのときでした。

ドローンやりてぇぇぇぇ!!

余談が長くなりました。

形を変えながら、今でもモノづくりの現場に携わっています。

プログラムでシステムやアプリを開発することも、雑貨を作って販売することもモノづくりです。

そしてもちろんサイトを作ってアフィリエイトすることもモノづくりです。

モノづくりって楽しいですよね。

社会人という立場でビジネスとして関わる限り、楽しいことばかりじゃないけど、自分で一から作る楽しさを感じることがあります。

そんな僕が、今一番興味があるのがドローンです。

ドローンって本当は落ちないんですよ

ドローンっていうとどんなイメージがありますか?

最近で言えば

・落ちる

・危ない

といったところでしょうか。

マスコミの報道の仕方もあるし、一部非常識な人のおかげであまりいいイメージがなくなってしまいました。

でも僕は、ドローンこそ未来を担う夢のあるコンテンツだと思っています。

完全に僕の勝手な認識ですけどね。

今、頻繁に落ちてるドローンって、なんていうかドローンじゃありません。おもちゃです。

例えるなら、駄菓子屋で売っているゴムのプロペラで飛ばすおもちゃの飛行機ですね。「落ちることが前提」なので、使う場所も選ぶし、使う条件もシビアです。

でも、産業用のドローンは全然違います。基本落ちません。

制御も完全プログラム制御。

自身で緯度・経度・高度を判断して飛びます。

風やモノが当たったりして体勢が崩れても、自動で姿勢を立て直して維持します。ボールが当たったり突風が吹いても全く落ちません。

今は民間人が操縦できるセスナ機くらいの信頼度ですが、これから技術が進めば、ボーイング社が作るジャンボジェット並みの信頼度と安定性のあるドローンになっていくはずです。

なんでドローンに夢があるの?

ドラえもんにでてくる未来の都市とか、ドラゴンボールにでてくるブルマが住んでる都ってわかりますか?

個人が操縦できる飛行物体がブンブン行き交ってますよね?

子供の頃、「いいなー、こういう乗り物があって乗れたらなー」なんて思ってました。そして今でも思ってます。

で、そんな未来の姿を実現できるかもしれないのがドローンです。

僕たちが住んでいる大地以上に広い空なのに、人は全然有効活用できてません。

僕たちは飛べないし、重力があるから仕方ないことだけど、この広い大空というリソースを有効に活用できたら、今まで以上の世界が広がると思いませんか?

それを想像するだけでワクワクします。

一人で考えながらニヤニヤしてるから、誰かが見たら完全に変態ですね。

今、ドローンにできること

そんな夢あるドローンですが、ちょっと現実的になってビジネスとして考えたときに、何に活用できるのでしょうか?

一番有名なところが、物販輸送かな?amazonがやろうとしてますよね。

物販輸送以外にも、今現実的に注目されているのが

・人命救助

・測量技術

・農業(農薬散布等)

です。

例えば、山で遭難者が出たとします。

GPSで位置情報はわかるのに、天候が悪くてヘリが飛ばせない。救援物資を緊急で送りたいのに二次災害の危険があるからできない。

でもドローンならどうでしょう?

位置情報をセットするだけで、寸分狂わずそこに到着します。

最悪制御不能となって墜落したとしても、ドローンが落ちるだけです。どんなに天候が悪くてもイチかバチか飛ばすことができますよね。

上記は限定的な一例ですけど、いろいろなシーンですぐにでも利用できる可能性があるのがドローンビジネスです。

ドローン開発は意外とハードルが高い

そんなドローンビジネス。

今すぐにでもやりたい!

僕は興味があるとすぐに行動に移してしまう人間なのですが、ドローン開発って意外とハードルが高いんです。

めちゃくちゃお金がかかる

ドローンで何をやりたいかにもよるんですけど、ドローン開発ってめっちゃお金がかかります。

ざっと試算したのですが、研究開発費だけで年間2億円から3億円です。

僕もカードローンABCみたいなサイトを持っていれば、年間トリプル9桁なんてあっという間かもしれませんが、僕の会社の規模では全くお金が足りません。。。_(´ཀ`」 ∠)_

銀行だってそこまでの金額はそうそう融資してくれませんからね。

コネが必要

ドローンの根幹となる設計って実は難しくて、日本国内でも根幹の設計ができる人はあまりいません。

基本となる設計があって、そこからカスタマイズしたりプログラムを組んだりすることは誰でもできるんだけど、根幹から作りたいってなると、できる人にコンタクトするためのコネが必要です。

で、僕にはそのコネがありません。

そっちの分野で長年やってきたわけでもないし。

こういう壁にぶち当たると、この辺のコネとか信用力はやっぱり大企業にはかなわないなーって実感します。

夢を目指すときのパワーってすごい

それでも、ドローンはやりたい!と思っています。

夢を目指すときのパワーって凄いですよね。

人それぞれ夢ってあると思います。

別に綺麗事じゃなくてもいいです。

お金を稼ぎたい!苦しい生活から抜け出して余裕のある生活がしたい!豪遊したい!っていうのだって立派な夢です。

ひとつの目標に向かってがむしゃらに頑張るときって、自分でも驚くくらいのパワーがでませんか?

先の結果に向かって頑張ってるときが一番充実してませんか?

アフィリエイトで頑張ってるときはまさにその典型ですよね。

振り返れば、完成したときよりも、完成を目指して頑張っていた発展途上のときの方が充実してた、みたいな。

僕にとってアフィリエイトは「稼ぐための手段のひとつ」であって、最優先は結果ですけど、やってるときは充実感がある方がいいのは当然です。

僕は根が怠惰な人間なので、放っておくとすぐに怠けてしまいます。基本ゴロゴロするのが好きですし。

だから、常に新しいことを見つけるために彷徨ってるし、今目をつけてるのがドローンです。

賛否両論ある分野ではありますが、これからは

人工知能

・ロボット

・ドローン

みたいな、ひと昔前のマンガに出てきた「未来の絵」の分野がもっと盛り上がっていくんだろうなー、と思っています。

※紆余曲折あって、ペッパービジネスは頓挫しました。ドローンならば資金の目処はいくつかあるぅーー=͟͟͞͞ʕ•̫͡•ʔ =͟͟͞͞ʕ•̫͡•ʔ =͟͟͞͞ʕ•̫͡•ʔ